狂人ドン・キホーテ?

皆さん、こんにちは(^^♪ee

 

自粛生活折り返し地点?いかがお過ごしでしょうか。

今日はスペインの「ドン・キホーテ」について少し書いてみましょう。

ドン・キホーテというと、

あの日用品からちょっとした家電まで何でも揃う「驚安の〇〇」のドン・キホーテではありません。

スペインのドン・キホーテはスペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスという方の小説で、「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」と名乗る騎士が旅をする冒険物語ですね。

このドン・キホーテという騎士は騎士道小説が好きなあまり、貧しい生活にもかかわらず自分の持つ田畑を売却。そのおかげでまた騎士道小説を読み漁った挙げ句、狂人になってしまいます。狂人となった彼は世の不正を正すために冒険に出かける…と、あらすじはこんな感じです!

この小説、作品本編が面白いのはもちろんのこと、プチ裏情報として面白いのが、作者であるミゲルさんが税金横領の罪で牢獄にいるときに着想を得た作品だということ…。

ミゲルさんも牢獄のなかでドン・キホーテのように熱い想いをくすぶらせていたのかもしれません。

 

ドン・キホーテが残した言葉は、とにかく前向きで、運命さえも全て享受するものでした。

今、私たちにこんこんと語ってくれている言葉かもしれません。

「運命というものは、人をいかなる災難にあわせても、かならず一方の戸口をあけておいて、そこから救いの手をさしのべてれるものよ」

「よいかサンチョ、今われらの身にふりかかっている嵐は、まもなく天気がしずまって、われらが順風に帆をあげるようになる前兆じゃて。

なぜと申すに、よいことも悪いことも、そうそう長続きするはずもないのであってみれば、われらに久しく悪いことが続いた今、よいことがすぐ近くに来ておるにきまっとるからじゃ」

正に、今、それぞれの環境で苦難も多いが、希望を捨てずに強い意志で乗り越えていきましょう!というメッセージに聞こえます。

 

作品とミゲルさんのこと、両方への想像を膨らませながら読んでいくともっと面白いはずですよ!

皆さんも読書時間のおともに、是非読んでみてください。

~Adios Hasta  pronto~♥♥

 

 

 

 

 

 

 

スペインのことわざ・格言を調べてみた

皆さん、こんにちは。今日はスペインのことわざ(格言)について少し書きましょう!

 

日本にもさまざまなことわざがありますよね。「石の上にも三年」とか「時は金なり」とか…。日常生活の多様なシーンでビシッとあてはまる、なんとも痛いところを突いてくるアレです笑。

スペインにもそんなことわざがたくさんありますので、いくつかご紹介してみます。

 

・Contigo pan y cebolla. (あなたとならパンとタマネギで十分だわ。)

→好きな人と一緒にいられるなら、パンとタマネギだけの貧しい生活にも耐えられるという意味ですね。日本でいう「手鍋さげても」だそうです。

 

・A quien madruga, Dios le ayuda. (早起きすると良いことがある。)

→日本の「早起きは三文の得」と似ていますね! 神様はみているよ、早起きすると神様が助けてくれるという言い方、三文の得、とは少しニュアンスが違うなあ、なるほど面白いなと思いました。

 

・Cada oveja con su pareja. (どのヒツジにもお似合いのヒツジがいるものだ。)

→日本でいうところの「類は友を呼ぶ」や「同じ穴の狢」に似た少々皮肉めいたことわざですね。ちなみに狢(むじな)って、ご存じですか?

私は使ってはいるが何のことだろうと思いまして調べましたところ、アナグマのことを指すのだそうです。

 

・El uso hace al maestro. (使ってこそ本物になる。)

→日本の「百聞は一見にしかず」や「習うより慣れろ」などの言葉に似た意味があるようです!聞いたことがある単語かもしれませんが、Maestro(マエストロ)は巨匠や名人に近い意味をもつ単語ですね♪

 

・A la tercera va la vencida. (3番目の幸運)

→「3度目の正直」と同様に3回目に良い結果が得られるという意味ですね。

こういう感覚は昔から同じなのですね、面白い(^^♪

 

この他にもスペインにはたくさんのことわざがあります。古い映画を見ていると、何を言っているんだろう?と不思議だった言葉が、ことわざだったと知り後々になってやっと腑に落ちることもあります。

日本のことわざにもよく似ているものから、なんとなくヨーロッパのおしゃれな雰囲気を漂わせるものまでさまざまありますので、ぜひ皆さんもよかったら調べてみてください!

スペイン 芸術家 ピカソ

今日は、スペインと20世紀を代表する芸術家、パブロ・ピカソについて書いてみました。

ピカソの有名な絵画は数多くありますね。「ゲルニカ」、「アビニヨンの娘たち」などなど。

そのピカソのエピソードを少しだけご紹介したいと思います♪

絵もぶっ飛んでますが流石、生き方もぶっ飛んでます。

 

・ピカソの父はピカソの才能に驚き、自らが描くのをやめた?

ピカソのお父さんはガリシア地方ラ・コルーニャで学芸員と美術教師の仕事をしていました。

しかし、1894年ピカソの絵の才能に驚嘆し、自らの絵の具を譲り自分は描くのをやめてしまったそうなのです。このときピカソは13歳くらいですから、やはりその才能は小さな頃から輝いていたといえそうです。

 

・ピカソ最後の同居人は約50歳差!

ピカソはたくさんの女性と同じ時を過ごしたことでも知られていますが、彼の最後の同居人となったのはジャクリーヌ・ロックという方です。ピカソは72歳、ジャクリーヌは26歳。

凄いなあ。。。。としか言いようがないですね(笑)完全におじいちゃんと孫の関係図!

ジャクリーヌは芸術活動や著名人との交流を重ねるピカソの家事の面倒を一手に引き受け、支え続けてきた女性だったそうです。偉い!

しかし、何があったのでしょう、残念なことにピカソの死後、彼の生誕105周年を前に自ら命を断っています。

んん~残された人も波瀾万丈ですな。

 

・北から南まで!日本にもたくさんあるピカソの作品

20世紀で最も著名な芸術家ピカソですが、実はその作品は日本でも北から南までさまざまな場所で見ることができます。

yy-flamenca(ワイワイフラメンカ)のある神奈川県では、箱根にあるポーラ美術館、箱根彫刻の森美術館、横浜美術館などに多数の作品が所蔵されています。

ピカソはその生涯で5万とも10万を超えるとも言われるほどの数の作品を残していますから、日本でも意外と簡単に見ることができてしまうのです♪

私も実は、昨年秋に箱根ポーラ美術館に行ってまいりました。ピカソの作品もたくさんありましたが、興味があったのは美しい花瓶等、変わった美術品でした。

左はランプですって、、素敵ですよね~

右の写真は暗いのですが、タイトル「スパニッシュダンス」ですって~

 

話の流れから、ピカソの作品をここで紹介するべきですよね(笑)すみません、個人的に私が気にいった写真撮影OKの作品です!

、、、と最後はピカソのお話ではなくなりましたが、

皆さんも機会がありましたら、箱根ポーラ美術館、ぜひ一度行ってみてください(^_-)-☆

 

スペインのサッカークラブチーム

皆さんは、スペインには世界を代表する2つのサッカークラブがあることをご存知ですか?

スペインのバルセロナを本拠地とするFCバルセロナと、首都マドリードを本拠地とするレアル・マドリードCFです。前者には「神の子」と称されるリオネル・メッシ選手が2020年現在も在籍し、後者にはかつて「CR7」ことクリスティアーノ・ロナウド選手が在籍。両名ともあまりにも有名ですから、サッカーファンでなくてもご存知の方は多いと思います。

この2クラブの直接対決は「エル・クラシコ」と呼ばれ、現地スペインはもちろんのこと世界中の人々がオンデマンドサービス等を介して試合観戦をします。その数はなんと6億5000万人ともなるそうです!これだけ多くの人が同じ時間を共有できるコンテンツはそうそうあるものではありません。

また、テンポ速く技巧的な選手が多いとされるスペインサッカーのなかでも、この2クラブの戦いは超一級品!メッシ選手のほかにも各国を代表する選手が在籍しており、見ていてわくわくするプレーを連発、三角形をいくつも繰り返すパスワークからの素早いゴールは芸術としか言いようがありません!(^^)!

数年前になりますが、バルセロナへ訪れた時、サーカースタジアム カンプ・ノウへ遊びに行ってきました。トロフィー、写真、ユニフォームなどの展示物もたくさんあり、実際に選手達が使っているロッカ―ルームも見学でき(offシーズン)そのリアルさにかなりテンション上がりました!!

このピッチにメッシが!ロナウドが!と妄想ほとばしるひと時でした(笑)

今は海外旅行は難しい環境ですが、動ける時が来ましたら是非、スペインカタルーニャ地方、バルセロナのカンプ・ノウもお立ち寄りスポットとして候補に入れていただくのも良いのではないでしょうか~(^^♪

パエリア💛

皆さんは、スペインのパエリアがどんな食べ物かご存知ですか?

日本でもよく知られているのでイメージできる方も多いかもしれませんが、パエリアはスペインのお米を使った、バレンシア地方に伝わる伝統的な料理です。その見た目はチャーハンに似ていますが、ただお米を炒めるのではなく、肉・魚・野菜などの旨みが凝縮されたスープと炊き込むことで作られます。そのことを考えるとチャーハンというよりは、日本の炊き込みご飯に近いかもしれませんね♪

使われる具はムール貝のほかに白身魚、鶏肉、トマトなどですが、家庭料理ということもありその家々で好まれる食材にはさまざまあるようです。

また、パエリアを作る料理人は「パエジェーロ(男性)」、「パエジェーラ(女性)」と呼ばれ、バレンシア地方では彼らが腕をふるうパエリア祭りが開催されるほどです。地元ではとても身近な料理なんですね!

私は過去に、パエリア祭りではないのですが単なる旅行でバレンシア地方に訪れたとき、この土地でいただいたパエリアはやはり絶品でした!!と~~っても美味しくて、魚介のだし、絶妙な焦げ具合、、なんなんでしょう?!!!と感動してしまいました👏👏👏

ちなみにパエリアを作るときは

・米は洗わないこと

・蓋をしないこと

が旨みが凝縮されたパラパラの美味しいパエリアを作るコツなんだとか…♪

お料理好きな皆さん、是非ご自宅でも作ってみてください(^_-)-☆

写真はセビージャの街中でのパエリアです( ;∀;)